求められる人物像

a man reading news on the phone

いくらjavaを使いこなせるといっても、無条件で転職できるわけではありません。当然ですが面接などの選考がありますし、場合によっては他のライバルが現れるかもしれません。
javaの技術に溺れるのではなく、転職先の会社に求められている人物像を理解しておくことが重要だといえます。

まず最初に、コミュニケーションスキルを鍛えておきましょう。javaは黙々とプログラミングすることが基本的な業務なので、どうしても仕事中は黙りがちになります。
さらに転職のために技術を磨く場合は、休日でも家にこもりきりになってしまいますので、結果的にどんどんコミュニケーションスキルが減退していきます。
これはプログラマー全般に言えることなので、もし自分だけコミュニケーションスキルに長けている場合は、面接時に非常に有利に働きます。javaの求人ではプロジェクトマネージャーとしてクライアントとの折衝や、チームをまとめることも求められますので、ある意味ではコミュニケーションスキルが必須だといえるのです。
転職を成功させるためにも、今後さらに成長していくためにも、javaの技術以外の対策も行っておきましょう。

そして重ね重ねにはなりますが、java以外のプログラミング技術を習得することもライバルに差をつける意味では有効です。
冷静に考えて、javaしか使えない人間と、javaとrubyが使える人間なら、企業はどちらを欲しがるでしょうか。答えは歴然です。
java以外にも言語が使えるようになったら、自分が組めるプログラミングの範囲も広がりますし、働ける企業の幅も広がりますので、まさにいいことづくめだといえます。
プログラマーは仕事内容次第でどんどん収入が上がっていきますので、可能な限り高収入を目指しましょう。