フリーランスという選択肢

a man surfing the web on the mobile phone

javaを思うがままに使いこなせる方なら、転職ではなくフリーのプログラマ―になるという方法もあります。javaの技術が確かなものならば、特に会社に属していなくても仕事をもらうことはできますので、フリーで仕事を行うこともできます。
会社で働く場合は出勤や大金の時間が制限されますし、給料も会社からもらうことになります。対してフリーの場合は、クライアントの都合はありますが、ある程度自分の裁量で仕事ができますし、給料はクライアントからもらえる金額そのままなので、同じ仕事量でもフリーの方が給料が増える可能性が高いです。
フリーでやっていくためには確かな技術と信用がいりますが、実際に軌道に乗れば非常に楽しく働けます。会社にうんざりしている方は転職よりもフリーになることを検討しても良いかもしれませんね。

フリーのプログラマーは多いのですが、特にjavaはフリーで働きやすいといえます。javaそのものが応用の幅が広いので、実力と実績さえあれば様々な企業から声がかかるでしょう。
ちなみに、javaはandroidスマートフォンのアプリ開発にも使用している言語なので、自分でアプリを開発し、一獲千金狙うこともできます。スマートフォンのアプリは利用者も多く、広告収入だけでも非常に大金が発生しますので、いいものさえ作ることができれば、会社員の年収を大幅に超すこともできます。
javaの技術さえあれば転職以外にも様々な道が拓けますので、是非とも極めましょう。自分の力を信じることができれば、フリーでもやっていくことができるでしょう。